header-under.php 大分県姫島村 姫島村 観光・名産
  • 文字の大きさ
  • 縮小
  • 標 準
  • 拡 大

くらしの情報

国民健康保険

国民健康保険(以下「国保」)とは、病気やケガをしても安心して医療を受けられるように、加入者(被保険者)がお金(保険税)を出し合ってお互いに医療費を支え合う制度です。

 


 

対象者

職場の健康保険や、後期高齢者医療生活保護を受けている方以外の、全ての方が対象者(被保険者)となります。

 

国保で受けられる給付

病気やケガをしたときに保険証を提示することで医療を受けることができます。

 

被保険者負担割合

・70歳未満・・・3割

・70歳以上75歳未満・・・2割(※昭和19年4月1日生まれ以前の方については特例措置により1割)

※なお『現役並み所得者』(同一世帯に住民税課税所得が145万円以上ある70歳以上の国保被保険者がいる方)については3割

 

【但し同一世帯の70歳以上の国保被保険者が、1人で収入額の合計が383万円未満、または2人以上で収入額の合計が520万円未満のとき、または1人でも旧国保被保険者(国保から後期高齢者医療制度へ移行した方)がいる場合は収入額の合計が520万円未満のときは、申請により「1割」または「2割」となります。

 


 

国保に加入するとき

会社の健康保険を辞めたとき

必要なもの

・会社を辞めた日が確認できる書類

・資格喪失証明書等

・印鑑

 

他市町村から転入したとき

窓口にて転入手続きをする際に、国民健康保険の加入手続きも一緒に行います。

必要なもの

・印鑑

 

子どもが生まれたとき

出生届けの手続きのときに出産育児一時金の申請も一緒に行います。

必要なもの

・印鑑

 

生活保護をうけなくなったとき

必要なもの

・保護廃止決定通知書

・印鑑

 


 

国保をやめる時

会社の健康保険に加入したとき

必要なもの

・新たに加入した会社の健康保険証

・現在お持ちの国民健康保険の保険証

・印鑑

 

他市町村に転入するとき
必要なもの

・他市町村に転入した日が確認できる書類

・印鑑

 

死亡したとき

死亡届けの手続きをする際に葬祭費の申請も一緒に行います。

必要なもの

・印鑑

 

生活保護を受けるようになったとき
必要なもの

・保護開始決定通知書

・印鑑

 

後期高齢者医療制度の被保険者になったとき

75歳到達により対象となったときは届出は不要です。

 


 

移送費

被保険者が村外に搬送された際に支給されます。(救急車を使用した場合に限ります。)

 


 

出産育児一時金

被保険者が出産したときに支給されます。

 


 

葬祭費

被保険者が死亡したときに20,000円が支給されます。

 


 

限度額認定証

同じ月内の医療費の負担が高額になった時に限度額認定証を保険証と一緒に提示すれば限度額までしか支払わなくて済むという証になります。

 


 

高額療養費

同じ月内の医療費の負担が高額となり、自己負担限度額を超えた場合、申請して認められれば、限度額を超えた分を高額療養費としてあとから支給されます。

 


 

姫島村国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)

 

姫島村役場

法人番号 7000020443221
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1630番地の1

役場及び施設電話番号一覧表

姫島村イメージキャラクター